山本五十六「やってみせ、…」のオリジナルは、上杉鷹山の「してみせて、…」

皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

有名な言葉ですね。

有名な山本五十六さんの言葉

山本五十六さんの言葉としてよく紹介されますね。

どういう意味か

「言うだけではなく、実際にやって見せる。」

「説明して、やらせてみて、できたら褒めてやる。」(できなくても美点凝視)

「だから人は動くし、育つ。」

という感じでしょうか。

現在、子育ての中でもこの言葉は大事だと感じていますができてません。

実は続きがあります

ご存知の方も多いと思いますが、この言葉は3つセットになっています。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

確か松下幸之助さんが「任せて任さず」という言葉を残していると思うのですが、2文目、3文目なんかは本質的なところで同じ事を言っているのではないか、と思ったことがあります。

実はオリジナルの言葉があります

昔の偉い方

上杉鷹山(うえすぎようざん)

この方の言葉で以下のようなものがあります。

「してみせて、言ってきかせて、させてみる」

「やってみせ、…」とよく似ていますよね。

私はこちらの言葉を先に知りました。

上杉鷹山さんは米沢藩主だった方で

「為せば成る 為さねは成らぬ 何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

という言葉も残されています。

名君主だったそうです。

以下ご参考です。

この言葉の影響か、以前山本五十六の映画をみました

少し前に役所広司さん主演で山本五十六の映画がありました。

面白かったので気に入ってます。

実は太平洋戦争を止めようとしていたんですね。

私は史実をきちんと把握できてませんが、この映画を見て「まぢで?」と驚いたことを今でも覚えています。

最後に

仕事の中で人を育てる、家庭で子を育てる、という観点から、大事にしている言葉です。

この考え方は自分自身も成長させます。

初心に返って、この言葉を胸に行動を改めたいと思います。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)