「老後2000万円必要問題」の要因となった老後資金報告書の撤回決定!今後どうなる?!

老後資金報告書の撤回決定が報じられました。

報告書って撤回できるんですね(^^;

こちらが記事になります。

報告書自体は「案」のままHPに掲載され続けるようです。

なんでこんな事態に発展したかというと、以下の記事でも取り上げましたが「年金2000万円問題」として各所で大騒ぎがあったためです。

※出元の記事となった金融庁のレポートへのリンクもあります。

金融庁からの発表により、色々なところから「年金以外に2000万円必要だ!」というニュースが飛び交っています。 ニュー...

そんな状況からか、

麻生太郎金融担当相が報告書の受け取りを拒否!

という、かつてない事態に発展してしまい、取り扱いが宙に浮いちゃってたみたいですね(^^;

今回の記事には「来春以降に別の報告書の策定を目指す」とあります。

でも、以前記事にしましたが、既に以下のような情報は発表されています。

ついこの間「2000万円問題」で騒がれていた年金ですが、”次の財政検証(平成31年度予定)”とされていた検証結果が2019年8月27日に発...

この発表は、

年金の給付水準を自動調整する仕組み「マクロ経済スライド」

が関係しています。

私には、国の年金制度がどうなるか正直わかりません。

2050年に向け、人口が1億人割れする予想もありますので、年金が無くならないにしても良くはならないと思います。

次の発表がどうなるにしても、少しでも早い準備(資産運用の開始)が必要なんだと、改めて感じちゃいますね。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)