若い頃、投資初心者だった自分へ!年金だけではなく資産運用が必須や!!

年金だけでなく、資産運用は必須となっています。

以前書いた記事です。

ついこの間「2000万円問題」で騒がれていた年金ですが、”次の財政検証(平成31年度予定)”とされていた検証結果が2019年8月27日に発...

でも「どんな商品をえらべばいいの?」ってなりますよね(^^;

若い頃の自分にアドバイスするなら

私自身、投資を始めた20代半ばの頃は、なーんもわかってませんでした。

億り人や有名投資ブロガーの方々のように資産をたくさん持っているわけでもなく、「ボーっと」投資をやってきましたが、最近になって何となくわかってきたような気になってます(^^;

そんな凡人の私が、

現在のようにネット証券やNISA口座やiDecoなどがある状況で、20代の頃の私がいた場合にアドバイスするとすれば、、、

と考えてみました。

1つ目のアドバイス

最初にアドバイスするとしたら、、、

「お前は初心者や!個別銘柄の株式投資はちょっと早い!」
「まずはコストの安い投資信託にしとけ!ほんでもって右肩上がりの商品を選ぶんや!」

と言いますね。

色々な本や雑誌を読むと「個別銘柄の株式投資で儲けたい!」と考えてしまいがちです。

確かに刺激はあります。

でも初心者には難しい、、、(-_-;)

投資対象となる会社の事を調べたり、IRを見たり、などなど、、、

時間もかかるし、プロでもないので割り切りが必要になってきます。

若い頃の私は、お金を払ってだいぶと勉強させて頂きました。

耐えられない人は「投資は難しい、資産運用はいやや!」となってしまいますね。

、、、と過去の思い出に浸ってしまいましたが、話を戻して投資信託。

「コストの安い商品」

というのは、インデックス型の投資信託に多いです。

運用コストが安いからですね。

以下の記事で説明していますので、ぜひご覧ください。

(超)初心者向けで投資信託にかかるお金ついて、なるべく短く簡単に説明したいと思います。 長期的で積立を考えている方はこの点を把握して...

ただ、ドルコスト平均法のもと、積立投資を行っても、必ず利益が出るわけではありません。

それは

投資対象の商品の基準価格が下がり続けている場合

です。

トウシルで記事となっていました。

 2018年から「つみたてNISA」が始まります。この機会に、その対象となる「積み立て投資」とはそもそもどういうものか? なぜ、投資初心者におススメなのか? についてご紹介します。  いよいよ2018年1月からスタートする「つみたてNIS…

利益を得やすいのは右肩上がりです。

トウシル|「積み立て投資がトクイな相場とニガテな相場」より

ちなみに、現在(2019年9月)私が保有している商品はこんな感じです。

  • 証券口座:外国株式のインデックス型投資信託(67%)
  • 証券口座: J-REATのインデックス型投資信託(31%)
  • 証券口座: 新興国株式のインデックス型投資信託(2%)
  • 確定拠出年金口座:外国株式のインデックス型投資信託(100%)

もちろん、少しの銀行預金や個別銘柄の株式も別途保有している状態での上記になります。

2つ目のアドバイス

次のアドバイスは

「国が準備したNISAやiDeco(確定拠出年金)をフル活用しての積み立て投資や!節税になってええぞ!!」

と言いますね。

国が準備した仕組みを利用し、節税しつつ資産運用

という考え方ですね。

私が若い頃にはなかったですが、現在はこういった仕組みがあるので使わないと損です。

長い目で見た時に、非常に大きな節税となるはずです。

私は現在、NISAと確定拠出年金を併用しています。

3つ目のアドバイス

最後は、

資産運用を実践しつつ、並行して基本的な投資の知識を身につけた方がええで!
もっとニュースも見ーや!!

というものです。

今考えると、得た知識で 現状 取っている行動は、もっと若い頃から実現できたんちゃうんかな?と思います。

早く動けば動くほど、資産が育つ可能性はあったと思います。

それをやってこなかったのは、自分の問題やと思いますね(-_-;)

無理して投資しろ、というのではなく、

早ければ早いほど資産運用に有利やねんで!

と教えてあげたいです。

あと、本も紹介してあげたいですね。

お金の事に賢くなりたい、運用資産について学びたい、と思って購入しました。 投資初心者の方には非常に良い本だと思います。 (...

他にもありますが、この本が一番簡単でわかりやすいです。

最後に

あまり良い記事ではないですが、今考えると後悔が多いです。

もっと早くに今の知識があれば、、、と悔しくなる事もあります。

ただ、、、小さいですが、今の資産を大事に、少しでも大きく育てていきたいです。

無理せず、やっていこうと思います。

上記はあくまでも、若い頃の自分へのアドバイスです。お決まり文句になりますが、投資は自己判断でお願いします。
スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)