【短く説明!】何に投資すればいい?

(超)初心者向けで、何に投資すればよいか、なるべく短く簡単に説明したいと思います。

投資対象となる金融商品

色々とありますが、株式、債券、投資信託、FX、仮想通貨などがあります。

リスクと中長期的な観点から行くと、株式と投資信託が最適と考えます。

金融商品と組み合わせ考える選択肢

種別概要目的
通常の証券口座現金化可能。
利益の20%が税金で引かれる。
短期、中長期向け
NISA
(つみたてNISA)
現金化可能。
非課税。
中長期向け
iDeco原則60歳まで現金化不可。
条件満たせば脱退可。非課税。
老後向け

iDecoは老後向け、通常の証券口座およびNISA口座はライフイベント向け、といった使い分けも可能です。

また、お金の流動性が必要な方は、iDecoを利用せずNISAのみ利用するなど工夫もできるかと思います。

投資初心者向けの金融商品は?

個別銘柄の株式投資は、刺激があって楽しそうですが、超初心者は銘柄の選択が難しく、失敗する可能性が高いです。

よって、初心者は以下のような投資信託が良いと思います。

選ぶ時のチェック項目理由
インデックス型で先進国株式が対象年単位で見ると右肩上がりである
分配金が無い分配は元手を減らすので避ける
手数料、管理費用が安い持つだけで発生する費用は安くする
積み立てできる(月1買付など)ドルコスト平均法でリスク回避できる
低価格で買付できる元手が少なくても投資できる

ただし、投資信託でも必ずプラスになるとは言い切れないです。

まずは投資に慣れ、長く続けるためにも「投資信託のほったらかし投資」が良いと思います。

リスク分散で別の金融商品は必要?

リスク分散で別の金融商品は必要ないのか?と考える方もおられると思います。

選択肢として、債券を対象とした投資信託が考えられますが、今の状況だと金利は上がる可能性のほうが高く、債券を対象とした投資信託の価格が下がる事が懸念されます。

この状況だと無リスク資産としては「銀行預金」でよいと考えます。

最後に

投資は自己責任となります。
自分が何に投資しているかを理解し、生活に必要なお金には手をつけず、無理のないレベルから始める事をお勧めいたします(^^)

ちなみに、私が投資をはじめた時、今ほど情報や環境もなかったので、かなりのお金を勉強代として使ってしまいました。

他の役に立つ情報や、当記事で記載した内容を掘り下げた情報については、今後も紹介していきます。

なるべく短く簡単な記事で仕上げたいと思います。

※投資信託については以下の記事で説明します。(2020年2月9日追記)

難しいですが、(超)初心者向けで投資信託について、なるべく短く簡単に説明したいと思います。 投資信託とは 投資...
スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)