「現状維持バイアス」って何だ!

先日「現状維持バイアス」という言葉を知りました。

資産運用や節約の阻害要因になるかもしれません。

現状維持バイアスとは

現状維持バイアスとは

「変えらんでも今のままでエエやん!」

という心理の事をいいます。

何でも変えればいいという訳ではないですが、変化を起こして損をしたり、失敗する可能性もあるかもしれないです。

ただ、、、変えないと何にも変わんないですよね(^^;

例えばこんな感じ

例えば、こんなケースです。

  • 住宅ローンや保険を見直さず、高いお金を払い続ける。
  • 料金の高い携帯電話会社と契約し続けてお金を払い続ける。

一時的にお金がかかってしまう、十分なサポートがうけれない、などなどデメリットやリスクがあるかもしれません。

ただ、一時的にお金を払ったり、リスクがあったとしても、一刻も早く切り替えないと高いお金を払い続ける事になります。

例えば、一時的に2~3万円かかるが、月々の料金が5000円安くなるとします。

4~6ヶ月で元が取れ、その後はどんどん払うお金が減っていきますね。

こういったケースでは迷う必要なく「変更」と私は判断しています。

成功例と失敗例

…とエラそうな事を書いてますが、私は成功と失敗の両方の経験があります(^^;

以下、成功例です。

3年ほど前、思い切ってdocomoを解約し、格安スマホ&格安SIMに乗り換えました。 なぜ見直しを考えたのか ...

失敗例もあります。

私は20代の頃、結婚する際に家族ができるからと保険に加入しました。 …が年々高くなる通信費、子供が増えた事と成長による各種費用の増加...

人のアドバイスを聞かず、判断が遅かったから失敗していたのが本質です。

機会損失につながる可能性も

機会損失っていう言葉があります。

ざっくり言うと、

利益を得る事ができる機会があるのに、機会を活かさずに見過ごす事

ですね。

例えば、

「資産形成は若いうちから行う方がよい。できるだけ早くに初めて時間を味方につけるほうがよい。」

なんていったりします。

でも、「投資怖えぇ…」と避けていると、資産を育てて行く機会を失っているかもしれません。

最後に

何でも変えればいいっちゅうわけではないですが、変えないと何も起こらないですよ、という事ですね。

何を変えるべきかは各人の状況から判断されるべきものなので一概には言えません。

ただ、、、度が過ぎると失敗につながりますね(^^;

私は変化を求めすぎて、若干やり過ぎたほうなので…

ちょっと猪突猛進か?(-_-;)

オッサンなのにお恥ずかしい…

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)