ROEとROAって何?

初心者には株式投資の用語って優しくないですよね。

(…と私は若い頃思ってました(-_-;))

今回はROEとROAについて説明します。

ROE(株主資本利益率)

ROEはReturn on Equityの略です。

株主が提供した資金でどれだけの利益を上げたかを示したものです。

ROE(株主資本利益率)= 純利益 ÷ 自己資本×100

1株あたりの利益(EPS)÷1株あたりの株主資本(BPS)でもいいみたいです。

通常、10%以上が「資本効率がよい」とされています。

借金や自社株買いでもROEは高くなってしまいます。

自己資本比率(自己資本÷総資本)を見ると、「資本のうち返さなくてもよい資本の率」がわかるので、ROEと一緒にチェックするとよいそうです。

ROA(総資産利益率)

ROAは、Return on Assetsの略です。

会社の資産全てを使ってどれだけ稼いだかを示したものです。

ROA(総資産利益率) = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100

通常、5%以上が「効率よく経営している」とされています。

ROEとROAはセットで見たほうがよい

ROAを高めるために、「収益性を高める」「効率性を上げる」の2つが必要となります。

ROEは借金があっても高くなるという問題点があるので、ROAもセットで見てあげると良いと言われる理由がわかります。

ただし、一部の数字でけでは判断できないのが株式投資。

地政学リスクや景況感、海外市場の株価などなど。

各種状況が影響を与えますので、リスクを理解した上で投資を行う必要がありますのでご注意下さい(^^)

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)