逆イールドって何?景気後退の懸念有り!?

2019/8/15、NYダウが大幅下落しました。

800ドル強の下落です。

追従して本日の日経平均も下落してます(-_-;)

こちらが関連記事

「毎ヨミ!為替Walker」(平日毎朝公開)は昨日のマーケットの振り返りはもちろん、今日のドル/円を予報した「為替天気」や注目通貨の動向、マーケットの最新情報など、為替の「今まで」と「これから」がわかります。
アメリカの株式市場は14日、株安が急激に進み、主要株価指数が軒並み3%下落した。アメリカと中国の貿易戦争や世界経済の停滞などから、米経済の景気後退(リセッション)の懸念が高まっている。

逆イールドって何でしょう?

私はボーっと無駄に長く投資はしていますが、知識不足なので「逆イールド」という言葉がわかりませんでした。

調べてみると、

10年債の利回りが2年債の利回りを下回った状態

とのこと。

本来、期間が長いほどリスクが高いため、利率が高くなるはずなのに、短い期間の利率が低くなるのはおかしいですね。

なんでこんな事が、、、と調べてみたところ、

  • 短期の金利は中央銀行の政策金利が影響する。(FRBの動き)
  • 長期の金利は将来の金利の予測が影響する。(投資家の見方)

だからだそうです。

変な表現になるかもしれないですが、

投資家が将来の経済に対してめちゃ心配になった時、逆イールドが発生するかも!?

という事ですかね。

直近の状況(2019年8月15日現在)

直近で言うと

  • 米中貿易摩擦
  • イギリスのEU合意なき離脱
  • EU経済不安
  • 香港大規模デモ

などなど、色々と問題が発生しています。

国際的に懸念が広がると円高も進むし、いい事ないです(-_-;)

どこが2番底かわからない

株式も2番底を試しているというニュースも耳にしますが、後からでないと

「ここが底」

とわからないです。

FRBの前議長イエレンさんは「アメリカ経済力強いよ!」と言われてますが、アメリカの事だけでなく、各種地政学的リスクがある以上、しばらくは落ち着かないんでしょうね。

2019年10月には消費税増税もあるので、ちょっと心配ですが、右往左往せず、冷静に市場の動向を見ていきたいと思います(^^;

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)