知ったかぶりはダメ!FOMCって何ですか?

ニュースでFOMCってよく聞いてるんで、なんか知ってる気になってましたが、「説明しろよ」と言われると多分できないので、ちゃんと調べてみました。

冷静に考えると、ニュース見ながら「FOMCしっかりしてぇ~やぁ~」って言ってた自分が恥ずかしいですな(^^;

FOMCとは

FOMCは、

Federal Open Market Committee

の略で、

連邦公開市場委員会、細かく言うと、アメリカ合衆国の金融政策の公開市場操作の方針を決定する委員会

ってのになります。

日本でいうと、日銀の政策委員会「金融政策決定会合」に相当するものらしいです。

FRBとは違う

私は勝手にFRBの中の組織と思っていたのですが、違うものですね。

構成メンバーは

  • FRBの理事
  • アメリカに12地区ある連邦銀行の総裁(内5つの地域を分けて代表を決める)

で、連邦銀行の総裁のうち、1名はニューヨーク連邦銀行総裁が務めることになっています。

委員長はFRB議長、副委員長はニューヨーク連邦銀行総裁が勤めます。

どんな事をするのか

国の金融政策を決定します。

定期的に約6週間ごと年8回開催されます。

本来、米国の景気が過熱すれば引き締め策(利上げ)、景気が後退すれば緩和策(利下げ)を実施します。

アメリカは金融超大国なので、

金融政策が株式・債券・為替市場に与える影響は絶大

です。

ただし、影響が大きく出るのは「市場予想と異なる」といったケースが多いようですね。

FOMC発表後に株価が大きく変化するケースも

過去、FOMC発表後に大きく株価が変化するケースがあったそうです。

調べてみましたが、こちらの記事の情報が参考になると思います。

株式ニュースでよく話題にあがるのが「アメリカの利下げ」「FRB」「FOMC」といったワードですが、なぜそれほど

最後に

ニュースで「FOMCの発表があるので様子見ムード」という言葉をよく聞きますが、少しはイメージをわかっていただけたかと思います。

この記事を書いている時点では、米中貿易摩擦で悪材料があるのに、アメリカでは高値更新、日経平均も上向きだったりします。

過熱感が少々ある中ですと、FOMCの発表が乱高下の引き金になるケースもあるかもしれないですね(^^;

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)