2019年10月から消費税10%、軽減税率がややこしい…

2019年10月から消費税が10%になる予定です。

景気の冷え込みが気になりますが、軽減税率制度のややこしさも気になるところです。

最近の動向

消費税10%を止める、止めない、などニュースで報じられていた時期もありましたが、アメリカやイギリスの逆イールド発生もありつつも、2019年8月18日現在、日本政府は

消費税10%でGO

となっています。

そんな中、近所の家電量販店や業務スーパーでは、消費税増税に向けた動きはあり、駆け込み需要を狙っています。

家電量販店などは、直接店に行くと、増税前の購入を進めるPOPがあちらこちらに貼られています。

業務スーパーは増税前後でイベントを打つとWEBサイトにありました。

消費税増税は景気に影響を与えるのか

過去の情報を元に考えると、家電など値段の高いものは「影響を受ける」と予想しています。

6月下旬、夏のボーナス商戦がピークを迎えて盛り上がるなか、ある家電量販店のバイヤーの顔色はさえない。

過去の消費税増税のタイミングでは「景気に影響があった」と思っていたのですが、単純には判断できない状況もあるようです。

日本経済は少なくともこの15年くらいの長期間の停滞から抜け出してはいないようです

こういった情報を目にすると、これからどうなるかわかりませんが、

  • ヨーロッパが景気後退に対し、 対策を打つがうまくいかない。
  • アメリカ市場が過剰に反応し、株価が乱高下し、下落していく。
  • 消費税10%のダメージが一時的にも顕著現れる。

といった状況が出てくる可能性もありますので、大きな影響あるかも!と心配になってきます。

2019年10月~の動向が不透明なので、証券口座の買付余力を増やして準備するか、一時的な下落から上昇を見込んで株式を保有し続けるか、悩ましい所です。

「100年に1度の…」はもうないと思いたいですが(^^;

値段の決め方が複雑になる軽減税率制度

消費税10%とともに話題になるのが軽減税率制度。

調べてみるとややこしいです。

  • 医薬品、医薬部外品は10%
  • お菓子含む食品は8%
  • 外食は10%

…といった感じで簡単に切り分けれるならいいでのですが、それだけではない事例があるようです。

例えば、お菓子でも容器が笛やおもちゃになるものだと10%となるそうです。

昔ながらのお菓子だと「おまけ付き」などが定番である為、そういった業者さんは影響を受けてしまい、やむない判断を迫られるケースがありそうです。

また、お中元などの贈答品にある、お茶ときゅうすのセットでは、

  • 高いお茶と安いきゅうすは8%
  • 安いお茶と高いきゅうすは10%

と値段の比率で消費税が決まるようです。

消費税10%のものが高いと引きずられる、という方針です(^^;

他にも「ビールとジュース」などもあり、こういった「なぜ10%になるの?」というケースは多発しそうです。

次に外食。

以前記事に記載しましたが、コンビニ業界は方向性は決まっています。

2019年10月01日。消費税が10%となり、消費税の軽減税率制度が始まります。 非常に痛いですね。生活への影響を考えたいと思います...

他のケースとして、遊園地やお祭りの出店などは、お店が管理している机や椅子を使うと「外食」とみなされ、消費税10%になりそうとのこと。

コンビニ業界のような割り切りが必要になりますが、高い方に決まりそうな予感がします…

「税の3原則」はどこにあるんでしょうか…

最後に

今回は10%増税だけでなく、

  • 軽減税率制度への対策
  • 地政学リスクによる景気減速懸念

などありますので、不確定要素が多いです。

税の3原則(公平・中立・簡素)といった言葉もありますが、日本政府には、

大きくかけ離れてきている現状の打開複雑さの除去

はやって欲しいです。

なんでもそうですが、複雑になるとろくなことはありません…

また、色々と国民に求めており、身を切る動きはないのかな、と感じます。

以前、政権交代した際は「事業仕分け」なんて動きもありました。

今回、公明党が公約で掲げていた

議員の歳費削減

は、ぜひやっていただきたいですね。。。 (-_-;)

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)