気になるお金!消費税10%と軽減税率制度

2019年10月01日。消費税が10%となり、消費税の軽減税率制度が始まります。

非常に痛いですね。生活への影響を考えたいと思います。

消費税10%の影響は?

消費税10%ですが、例えば以下のようになります。

1週間に1万円使うと1回に千円、1年だと約52週間なので5万2千円の消費税になります。

20万円の冷蔵庫を購入すると2万円の消費税です。

非常に痛い(^^;

昨今、昔ほど年収がUPすることもない中、十分痛いのに消費税が2桁になるというのは精神的にも負担が大きいです。

2014年4月に消費税が5%から8%にUPした時は消費が冷え込みました。

駆け込み需要で買い込んだ後、皆さん高い品物を買わなくなったので消費が冷え込んだわけですね(^^;

ネットでの情報になりますが、日経平均は消費税増税に大きく影響を受けているとは言いにくそうで、今後の動向が気になるところです。

政府が考える増税対策

政府も消費税増税の影響は考えており、9項目の対策があるそうです。

全部は取り上げませんが、幼児教育、保育の無償化やポイント還元、車や住宅の税軽減、低所得層や子育て世帯向け補助、 防災・減災向けインフラ整備などなど。

その中でも最近(2019年4月)に話題になっていたのが

消費税の軽減税率制度

です。

何に関して話題になっていたかと言いますと「コンビニでの消費税の軽減税率制度の取り扱い」です。

消費税の軽減税率制度とは何ぞや?

そもそも「消費税の軽減税率制度」って何かと言いますと、

特定の品目の消費税が10%でなく8%となる

というものです。制度の説明には、

  • 標準税率は10%(消費税率7.8%、地方消費税率2.2%)
  • 軽減税率は8%(消費税率6.24%、地方消費税率1.76%)

と記載されており、軽減税率の対象品目の説明としては、

  • 酒類・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発行される新聞

と記載されています。

で、コンビニの何がニュースで話題になったかと言いますと、、、

イートイン

です。

「コンビニでコーヒー買うて帰ったら消費税8%やけど、イートインでコーヒー飲んだら消費税10%やん!」

という話です。貧乏性の私は、100円のコーヒーが108円でなく、110円と1桁上がると気分的に「うっ、、、」となります。

コンビニ業界の結論は?

ニュースでのお話ですが、結論としては

「どちらの税率を適用するかはレジでの客の意思表示に委ねる」

となったとのこと。

接客で非常に忙しい中、消費税を都度調整するのは困難と考えたようです。

コンビニ業界としてもイートイン付き店舗を増やしているように思いますので、「逆風になると厳しいやろな」という感じがします。

ご参考

以下、ご参考です。

参考 国税庁|消費税 / 基本的なしくみ

参考 国税庁|消費税の軽減税率制度について

参考 政府広報オンライン|消費税の軽減税率制度

最後に

2019年10月01日(現在4月)まであと半年を切りました。

私の家にも長年使ってきた家電や機器がたくさんあります。 値段の高い品物の買い替えや心の準備が必要だと感じました。

景気が冷え込むのだけは、避けて欲しいですね(-_-)

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)