ふるさと納税で節税にチャレンジしよう!

節税には様々な方法がありますが、ふるさと納税はその中でも簡単でお得感のある節税になるかと思います。

初めての方向けで、ふるさと納税の始め方をなるべく簡単に記載してみました。

ふるさと納税って何?

ふるさと納税は、自分の生まれ故郷やお世話になった市区町村など(自分が現在住民となっている以外の市区町村)に寄付をする事で返礼品をもらう事ができる制度です。

お金が貰えたり、返ってくるのではなく、寄附した額に応じて住民税と所得税を控除することができます。

所得や扶養家族などなど各種条件と寄付額で控除される金額が変わります。

関連記事 いまさら聞けない「ふるさと納税」勘違いしやすい2つのポイントには注意しよう!

寄付の上限額って何?

ふるさと納税では、

寄附額のうち2,000円を越える部分について所得税と住民税から控除される

のですが、寄付額には上限があります。

以下の総務省のふるさと納税サイトで確認できます。

Link 総務省「ふるさと納税」税金の控除について

一般の「ふるさと納税サイト」だと情報を入力すると参考情報を計算できたりしますね。

どうやって始めるの?

ふるさと納税を始めるには「ふるさと納税サイト」が便利で簡単です。

上限額の計算を行えたり、寄付額の管理ができたりします。

有名どころでは、

Link ふるさとチョイス

Link さとふる

Link 楽天市場|楽天ふるさと納税

といった所でしょうか。

ネットショッピングを利用されている方だと簡単に活用することができると思います。

関連記事 「ふるさと納税」のはじめ方

関連記事 楽天市場の「ふるさと納税」で税金控除と楽天ポイントGet!で節約!!

新制度の注意点は?

2019年6月1日より新制度が始まりました。

変化した内容としては、

  • 寄付額の3割を超える返礼品の禁止
  • 地産品でない返礼品の禁止

となっています。

守らない自治体は、罰としてふるさと納税できないようになっていますね。

もし古い雑誌や本などから情報を得ている場合は、状況が異なっていますのでご注意下さい。

また、過去と比較していまうと、

お得感が違う… (-_-;)

と感じるかもしれないですが、どのようにとらえるかは本人次第かと。

私は妻と私が今まで住んでいた自治体に対してふるさと納税することが多く、地域の特産品を得て、節税できるので大変満足しています。(^^)

関連記事 2019年6月1日から「ふるさと納税」の新制度が始まりました!

控除の申請ってどうするの?

ふるさと納税で寄付を行い、税の控除を受けるには申請が必要になります。

手段としては

  • ワンストップ特例制度の活用
  • 確定申告

の2つです。

ワンストップ特例制度は、寄付先の自治体が5団体以下である場合に活用できます。

寄付を申請する際に、申請書を申し込んで置き、返礼品とともに申請書が届くので、記載して自治体に申請します。

5団体を超える場合は確定申告が必要となりますが、手続きさえしておけばe-Taxで簡単に確定申告の電子申請が可能です。

最初はワンストップ特例制度を活用し、慣れてきたら確定申告で!

なんて方法でもよいかもしれませんね。

関連記事 「ふるさと納税」のはじめ方

控除の確認方法は?

税金がどれくらい控除されたかは申請方法によって異なります。

  • ワンストップ特例の場合は、5月~6月に役所から送付される「住民税の決定通知書」で確認が可能です。
  • 確定申告の場合は、所得税は確定申告後の還付金で、住民税は5月~6月に役所から送付される「住民税の決定通知書」で確認が可能です。

「住民税の決定通知書」では以下のように確認できます。

  • サラリーマンの方は「税額控除額」の欄に数字が記載されています。
  • 自営業の方は「寄付金税額控除額」に記載されています。

この数字を見た時、ものすごく嬉しい気持ちになりますね(^^)

関連記事 「ふるさと納税」のはじめ方

最後に

ふるさと納税ですが、はじめての方には敷居が高いように感じると思います。

私も初めてふるさと納税した時は、うまくいくか心配でしたが、実際に寄付してみると思ったよりも簡単です。

10%への消費税増税がありましたが、今後更に増税が予想されます。

興味がある方は、賢く節税できるのでチャレンジしてみると良いと思いますよ(^^)

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)