【短く説明!】貸株

(超)初心者向けで、貸株について簡単に説明したいと思います。

貸株とは

簡単に言うと、

株を貸してお金をもらうサービス

です。

保有している株を証券会社に一時的に貸し出し、その代わりに貸株金利をもらいます。

金利は、銘柄ごとに証券会社が決めています。

貸株のメリット

  • 貸株金利が得られます。
  • 貸株中でも売却可能です。

貸株のデメリット

  • 証券会社の貸株サービスに、権利確定日だけ自動的に貸株が返却される仕組みがないと、配当金や株主優待が得られません。
  • 権利確定日だけ自動的に貸株を返却しても、株主優待銘柄の継続保有特典の権利は得られません。
  • 貸株で名義が証券会社になると、分別管理対象から外れてしまい、貸株状態で証券会社が破綻すると、貸株している株式を失うリスクがあります。

最後に

いかがでしょうか。

メリットばかりではありませんが、中長期保有の株式に働いてもらうのは良い事だと思います。

私は、楽天証券で長期向けで保有しているREITやETFを貸株しています。

このメール時点で、残り半年と考えると

149円×6ヶ月=894円

の金利を受け取る事ができます。

デメリットに記載しましたが、貸株を利用することで、得られるはずの権利が得られなかったり、最悪の場合、株を失うリスクもあるので、自身のリスク許容度なども考え、賢く利用しましょう。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)