NY株式一時2万ドル割れ…(2020/03/17)

記録しておきます。

【ニューヨーク=宮本岳則】17日の米国株式市場では不安定な値動きが続いた。ダウ工業株30種平均は続落し、2017年2月以来、約3年ぶりに2万ドルを下回った。新型コロナウイルスの感染拡大で景気後退懸念が高まっており、投資家は株式に資金を回しにくい。トランプ米政権が総額8500億ドル(89兆円)の景気刺激策を検討していると...

2万が底値ラインだったのか、そこから上昇に転じ、現在は3指数とも上昇しています。

日本の指数先物も上昇。

ひとまず明日は安心か…

何かの発表に影響を受ける可能性もあるので、まだわかりませんが。。。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)