マンションの大規模修繕について

マンションの大規模修繕は悩ましい課題だと思います。

大規模修繕は結構大変です(-_-;)

最近、近所でマンションやアパートの工事を多く見かけます。

「消費税増税前の駆け込み工事かな?」

と思って見ていたのですが、今日、以下のような記事を目にしました。

大規模修繕で積立金が不足し、将来は廃墟になる……タワマンという呼び名が定着しつつある超高層マンションに、ネガティブな報道が頻発している。「タワマン・クライシス」と呼ぶべき報道はどこまで信じてよいのか。

私は一度経験しましたが「購入時の計画のままではダメなんだなぁ」と実感しています。

大規模修繕はマンションの一大イベントで、業者の選定や契約から始まり、工事に入ると、バルコニーの片づけなどの各種対応、不便になる洗濯などなど。

面倒なことが多いです。

そんな大規模修繕ですが、全てが同じでなく、マンションによって共用施設があったり、なかったり、規模も違ったりと大きく勝手が違ってきます。(金額に直結します。)

私は購入時「大規模修繕」を知りませんでした

「マンション購入前だが何も知らない」

「マンション購入時は何も考えてなかった」※

「これから大規模修繕で計画を立てていかなくてはならない」

といった方は、概要レベルでも把握していた方がよいと思います。

私は※の状態でした。

軽くでも内容を知ると

「ええ!そんな事になってんの?」

「共用施設がたくさんあると…ええ?」

なんて事があったりするかもしれません(^^;

私のマンションでは、管理会社の担当者から「資金が不足して借入されるケースはよくありますよ」と聞かされました。

先の事を考えるととてもじゃないですが許容できなかったです。

資産価値を落とさず、メンテを継続し、赤字にしないようにするには、協力しあい、管理組合できちんと運営していかないとダメだとわかりました。

ご参考です

参考までですが、以前紹介させて頂いた記事です。

結構前になりますが「マンションがそろそろ大規模修繕する時期になるなぁ」と思い、購入しました。 マンションを個人で所有されている方、こ...

各種事例も掲載されています。

最後に

大規模修繕だけでなく、マンションには設備のメンテナンスもあります。

インターネット設備、駐車場、宅配ロッカー、エレベーターなどなど。

消費税の増税もあり、入りを増やさないと出ていく一方です。

自分1人ではないので、場合によっては持ち家より大変かもしれません。

私自身、マンションの役員になることもありますので、どのように対応していくか、考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)