「ふるさと納税」のはじめ方

税控除を受けることができる「ふるさと納税」を始め方について説明したいと思います。

まずは寄付額の上限を知る

ふるさと納税は「寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から控除される」制度です。

ただし、寄付した全額が控除されるわけでなく、寄付額には上限がありますので把握しなければなりません。

総務省「ふるさと納税」より

こちらをご覧ください。

Link 総務省「ふるさと納税」税金の控除について

ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成をもとに記載されています。

例えば、年収600万円、共働き、高校生の子供一人だと

年間上限の目安 69,000円(69,000-2,000=6,7000円が税金控除の額)

となります。

ふるさと納税を行う際は「ふるさと納税サイト」を利用することになりますが、だいたい目安を計算するシミュレータがついてるので利用することをお勧めします。

ただし、注意点が1つ。

掲載している表は、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない給与所得者のケースとなります。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。

総務省「ふるさと納税」”税金の控除について”より

といったように他控除を加味すると上限が変わります。

具体的な計算は自治体によって変わるとのことですが、最近の「ふるさと納税サイト」のシミュレーションは詳細まで計算できますので利用して目安を決めて下さい(^^)

「ふるさと納税サイト」を選ぶ

利用する「ふるさと納税サイト」を選びます。

私の場合、以前はいくつかのサイトを利用し、今は1つのサイトだけ利用しています。少し前はサイトによって使い勝手が変わりましたが、今は大きく変わらないかもしれないです。

ふるさとチョイス

「ふるさと納税サイト」では老舗&大手の部類に入るのではないでしょうか。

Link ふるさとチョイス

以前は私もこちらを利用していました。

各種No.1を自負されています。

Link ふるさとチョイス|掲載数No.1のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」

各種支払い方法にも対応しており、目的別の検索がしやすいです。

Link ふるさとチョイス|ふるさとチョイス えらべるお支払い方法

オンラインでの支払いだけでなく、近くのお店や自治体でも支払いができますので、支払いやすい手段が選べると思います。

他にも「ガバメントクラウドファンディング」「着なくなった衣服で地域支援」「災害支援」「自治体の情報、自治体とのコミュニケーション」などなど貢献もされているので非常に好印象が持てるサイトになっています。

さとふる

こちらも大手の部類にはいると思います。

Link さとふる

こちらも以前利用していましたが、個人的には別サイトの方が好みでした。現在は取り扱う自治体、品が多くなっていました。がんばっておられます。

「認知度No.1」および「利用意向No.1」を自負されています。

Link さとふる|2019年ふるさと納税サイト 認知度No.1

おススメ特集などもありますので、返礼品選びに困った場合は使えると思います。

Link さとふる|ふるさと納税おすすめ特集

申し込みや支払いが簡単なのが売りです。

Link さとふる:さとふるの特長|お申し込み・お支払いがインターネットで簡単

インターネットで簡単に済ませる事ができます。

さとふるも「クラウドファンディング」「災害支援募金」「自治体の情報、自治体とのコミュニケーション」など貢献されています。

ふるなび

ふるなびは、他サイトに比べ、シンプルです。

Link ふるなび

各種サービスを提供しています。

ふるさと納税の域を超えていますね(^^)

Link ふるなび|ふるなびとは?

ふるさと納税以外のサービスを利用することができます。

Link ふるなび|Amazonギフト券 コード還元キャンペーン

Amazonのキャンペーンがあります。これも独特ですね。

色々なサービスがあるのでサイトの中を色々と眺めてみると楽しいです(^^)

楽天ふるさと納税

私は楽天ふるさと納税を利用しています!!

Link 楽天市場|楽天ふるさと納税

楽天市場の一部なので、楽天慣れしている方は違和感なく使えます。

検索の使い勝手も同じです。

税金控除に加え、楽天スーパーポイントも貯まります。

クレジットも使えますので色々とお得感満載です。

このあたりは後日「楽天生活」で紹介させて頂きます(^^)

皆さん、生活の中で費用を安く上げたり、ポイント貯めたり工夫をしていることはありませんか? 私は楽天の各種サービスを日々の生活に組み込...

疑問点があれば自動応答チャットで24時間サポートしてもらえます。

また、楽天グループの楽天証券からふるさと納税の活用事例を紹介しています。

Link ラクシル|【随時公開中!】みんなのふるさと納税☆活用術まとめ

楽天でも「クラウドファンディング」「自治体とのタイアップ」など貢献されてますね。

他にもあるよ

他にも「ふるさと納税サイト」があります。

Yahooふるさと納税もよいかもしれません。

自分にあう「ふるさと納税」サイトを選びましょう。

寄付先を選ぼう

寄付先の自治体を選ぶ方法は人それぞれです。

私は家族がいるので、妻と私が昔住んでいた都道府県にある地方自治体で「農産物」を選んでいます。

楽天ふるさと納税で、以下のような返礼品を選んでいます。


【ふるさと納税】A−067.佐賀の美味しいお米Aセット


【ふるさと納税】【先行受付 令和元年産米】こだわりのお米 夢しずく玄米5kg【1081578】

上記からもわかるように私が最も多く選ぶのがお米と玄米です。

日常生活で常に必要とするものなので、地域に貢献しつつ、自分もお得感を味わいたいと考えています。

あまり寄付金だけで考えず、自分の基本ポリシーで寄付先を選んでいます(^^)

以下、ご参考です。

  • 私か妻が暮らしたことのある都道府県内の自治体に寄付する。
  • 農産物、もしくは農産物を使った加工品を返礼品として取り扱う自治体に寄付する。
  • 寄付金の使い道は、子育てや子供の教育などの支援に使ってもらう。

ちなみに楽天ふるさと納税ですと、楽天ふるさと納税トップページに現在の寄付額が表示されるので助かってます。

控除を申請しよう

「ふるさと納税」で寄付を行い、税の控除を受けるには申請が必要になります。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度は

  • 寄付先の自治体が5団体以下である。
  • 確定申告しない。

という方に向いています。

楽天ふるさと納税では、申し込み時に「ワンストップ特例制度を利用」を選択しておくと、返礼品とともに書類が送られてきます。

寄付して、返礼品とともに申請書を頂いて、申請書を提出!!

といった感じです(^^)

確定申告

確定申告は、

  • 寄付先の自治体が6団体以上になる。
  • 確定申告が必要である。

という方に必要です。

今年ですと、2019年1月から12月の期間が対象で、2020年の2月半ば~3月半ばが確定申告期間になると思います。

「確定申告って手間ちゃうん?」と思う方もいるかもしれないですが簡単です。

私の場合は、税務署に行かず、インターネットで申請書を作成し、郵送しています。

医療費控除の申請や6団体以上に寄付してますので確定申告してますが、医療費控除が大変で、ふるさと納税はチョー簡単です(^^)

申告するには自治体から送られてくる「寄附金受領書」が必要になるので無くさないで下さいね。

控除された税金を確認しよう

どれくらい税金が控除されているか確認しましょう。

ワンストップ特例の場合

ワンストップ特例制度を利用した場合は、所得税からの控除は行われません。

ふるさと納税を行った翌年度に住民税の減額という形で控除されます。

5月~6月に役所から送付される「住民税の決定通知書」で確認が可能です。

※確定申告を利用した場合の「住民税からの控除額+所得税の還付額」と同額らしいです。

確定申告の場合

確定申告の場合は以下の2つで税金が控除されます。

  • 所得税の還付
  • 住民税の減額

所得税は確定申告後の還付金で返ってきます。

住民税は、5月~6月に役所から送付される「住民税の決定通知書」で確認が可能です。

「住民税の決定通知書」の確認ポイント

サラリーマンの方は「税額控除額」の欄に数字が記載されています。

自治体によっては摘要欄にコメントの記載があります。

私の住んでいる自治体には、住民税と所得税の控除額が記載されてますね。

自営業の方は「寄付金税額控除額」に記載されています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

利用する「ふるさと納税サイト」を選び、サイトを通して自治体に寄付し、返礼品を頂く、といった一連の流れができれば簡単です。

控除の申請もそれほど難しくはありません。

日本人には寄付をする習慣があまりないといいますが、あまり返礼品を重視し過ぎず、お世話になった自治体に寄付をしてみるのも良いと思います(^^)

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)