「ほうれんそうとおひたし」をご存知ですか?

みなさん、Twitterで「ほうれんそうとおひたし」という言葉が拡散され、盛り上がっていたと思いますがご存知でしょうか。

私はつい最近までしりませんでした。

「ほうれんそうとおひたし」ってどんな意味?

「ほうれんそう」はもちろん「報告」「連絡」「相談」です。

「おひたし」はこんな意味でした。

怒らない
否定しない
助ける
指示する

”ほうれんそう”に対し、”おひたし”で接する。

確かに納得です。

これとよく似た言葉があることを思い出しました。

「報連相と命解援」に似ている?

私が若い頃はこんな言葉がありました。

「報連相と命解援」

「報連相」は同じですが、「命解援」はといいますとこんな意味です。

命令する(指示する)
解説する
援助する

「報連相」に対しては「命解援」です。

これがセットになり、「報連相」⇔「命解援」でやり取りします。

上司と部下のコミュニケーションですね。

最後に

「おひたし」には「”お”こらない」がついてますが、”怒らないのは当たり前”と考えると本質的には「命解援」とほぼ同じですね。

「”叱る”はいいが”怒る”はダメ!」とよく言いますので、、、

こういう本質的な言葉を考える方には頭が下がります(^^;

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)