金融庁の老後必要資金レポートが物議をかもしています。

金融庁からの発表により、色々なところから「年金以外に2000万円必要だ!」というニュースが飛び交っています。

ニュースの記事

SankeiBizより
金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでより長く生きる以上、多くの…

内容をまとめますと

簡単に言うと

  • 老後は毎月5万円不足する試算
  • 上記試算より、退職後、20年なら1,300万円、30年なら2,000万円
  • ゆえに、早い時期からライフ・マネープランの検討が必要

という事ですね。

まだ若くて老後を想像できない人が聞くと

「なんで?」「年金あるんじゃないの?」

といった感じでしょうか。

40~60歳くらいの人なら

「やっぱりね」「予想はしていたけどハッキリ言われるとツライ」

だと思います(^^;

出元の情報(金融庁)

金融庁のホームページを見てみると、確かにニュースの通り6月3日に発表されていました。

こちらになります。

(別紙2)と(参考)がまとまっていて、目を通すには良いと思います。

「公的年金が意味をなさない」

と言っているのではなく、

「年金も退職金も今までほど期待できないから、早くから資産形成を始めましょう。つみたてNISAやiDecoがあるよ。」

って見えますね(^^;

こんなニュースも…

関連して次のようなニュースもあります。

金融庁が3日に例の「高齢社会における資産形成・管理」の報告書を正式に公表した。この報告書は、金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」がとりまとめたもので、5月22日の段階で報告書の「案」を公表。...

インフラやその他もろもろに大きくお金がかかってしまう部分があるのはわかります。

贅沢言えない状況も見えているのもわかってます。

…が、

「必要以上にお金をかけている部分についてはメスをいれんのか?」

と思ってしまいます(^^;

会社でも家庭でも余計にお金を使うと赤字です。

最後に

私自身、定年後にどのようになっているかまだ想像できないです。

自分が定年退職しているタイミングで、年金は無くなっていない、と思いたいですが、自分の資産を作り上げていく必要性は感じています。

ただ、国がこのまま年金支給タイミングを、70歳、75歳…とずらし続けると、厳しい現実が見えてきます。

幸い投資に興味がありますので、リスクのバランスを取りつつ、資産を育てていくつもりですが、正直、限界はあると思っています。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)